私たちミズタニシザーズからプロの理美容師の皆様に伝えたい事

ソリューション画像
ホーム皆様に伝えたい事

 


理美容師の皆様に伝えたいこと


スタイリストとして1番使用するハサミ。ハサミは専門外のディーラーさんが持ってきたハサミをなんとなくで選ぶ決め方になっていないでしょうか。お客様の髪の毛を切るプロフェッショナルとして「ハサミの選び方」もプロフェッショナルの心構えとしてとても大切な事だと思います。

 

 
▼靴を買うのに雑貨屋のすみにある数足の靴から選ぶのでしょうか。
 
▼こだわりの万年筆を買う時にコンビニで選ぶのでしょうか。
 
▼本格自転車のクロスバイクを買う時にスーパーや家電量販店で選ぶのでしょうか。

モチは餅屋のついた餅が一番うまいという諺があるように、各分野には専門家がいます。

疑問、質問、提案の出来るハサミの専門家との繋がりを持つことをオススメ致します。ミズタニのショールームを是非ともご活用下さい。

 


刃物を扱うプロの料理人は素材や手際を考えて包丁を使い分けます。

 

  

魚を切る時には刺身包丁や骨ごとぶつ切りにしたりする時は出刃包丁を。野菜などを切るのに用いる菜切包丁(なきりぼうちょう)、素材や仕事のやりやすさやスピードなどを考えながら道具を使い分けます。その時々で道具を使い分け、時にはお作りの繊細な包丁さばき、時には豪快な包丁さばきをする姿はとてもプロフェッショナルを感じます。理美容師の方もお客様からはプロフェッショナルを求められます。耳周りの細かい作業にはミニバ サミ、刈り上げの時は豪快なロングシザーズで綺麗に面取りを。乾いた髪の毛やスライド・スト ロークには力のあるドライシザーズや逃がす笹刃のハサミ。髪の毛の状態や大きな作業や細かい作業によっての使い分けにより正確な仕事をこなす事が出来ると考えておりす。

 


カットは最高のトリートメント

~ストレスのない快適なカットライフの提案~

在のヘアサロンにおけるサービスは居心地を良くするための空間施設やおもてなし、接客などが中心に行われています。どのサービスもとても大切で欠かせない要素ではありますが、ヘアサロンにおける最高のサービス、それは「カット」であり、お客様の満足度を高めるのも「カット」の仕上がりだと考えております。カットが少し不出来でも、ブローなどのセットでその場での仕上がりを補うことは出来ますが、お客様が自宅へ帰った後に本人では美容室でしてもらったセットが出来ず再現性がありません。

ットでのお客様が求めるヘアスタイルやお客様自身が行うホームケアでの仕上がり満足度は、行きつけのサロンや担当スタイリストの評価に直結します。また、リピートの向上や最大の集客である「口コミ」を誘うことにもつながります。

れないハサミを無理に使い続けると、「髪の毛が潰れる」「ツレる」「逃げる」といった現象が起こります。また、カット時に思い描いたラインを描けずお客様のご希望のヘアスタイルを形成しづらくなります。しっかり切れるハサミを使うことで、お客様の髪の毛の状態を良くし、またはご自身の手への負担が軽減され仕事のストレスをなくし、「けんしょう炎」の予防にもつながります。

 

  髪の毛のキューティクルを剥がしたり、毛を潰す、枝毛にするのはカット次第です。

上記左写真のちぎった髪の状態が乾燥時に静電気を誘発し、パサつき、髪の毛がまとまりにくい原因となり、お客様自身のホームケアを難しくします。さらには枝毛や切れ毛、キシキシとした指通りの悪さの原因にもなっています。

髪を綺麗にする最高のトリートメントは「カット」だと考えております。

理想的な状態に手入れしたハサミを使用したカットが、プロのスタイリストの姿であり競合他社との差別化を図るポイントになります。これからも美容のプロフェッショナルとしてご活躍下さい。今後も皆様のお役に立てる様にハサミの製作に励んでまいります。

 

 トップページに戻る

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス