毎日のお手入れは欠かさずに。ハサミのお手入れ方法のご案内です。

ソリューション画像
ホームハサミお手入れ方法

✂︎ ハサミのお手入れ方法 ✂︎

お手入れをするかしないかでハサミの寿命に影響します。しっかりとしたお手入れをオススメ致します。

 

理美容師としての信用がなくなる前にone cut one cleanの提案


ハサミを拭かないで毛だらけの状態、ワックスが付いた状態で保管している人がたまにいらっしゃいます。毛クズやワックスを付けた状態で保管しているとハサミ、金属にとっては最悪の状態です。
 
▼最近のハサミはサビにくい材質なので、昔ほどサビる事はありませんが汚いハサミはサビます。サビて切れなくなったら研げばいいと思っていても、表面のサビに止まらず金属の中まで浸透していると研いでもすぐに切れなくなります。
 
▼毛だらけのハサミの見た目が汚いです。前にカットした方の髪の毛が付いた状態で次の方をカットするという事はとても不潔です。カットされるお客様は美容師のハサミはまず見ません。ただ、万が一お客様がハサミを見た時に、汚いハサミで自分の髪の毛をカットしようとしていると不快に感じたら、その美容師への信用はなくなると思います。この様な事にならないためには1人カットしたら1回綺麗に拭く、one cut one cleanをご提案しております。始めは面倒くさいなと思っても習慣にしてしまえばなんて事はありません。ハサミは使い捨てではなく、お安い買い物ではありません。お客様もハサミも大事に想って下さい。
 

毎日お手入れ メンテナンスキット

http://endless-18.ocnk.net/product/61

① オレンジクロス(オレンジ色)を2重に重ね、刃元から刃先に向けて(矢印の方向に)拭いてください。この際、刃には大変鋭利な刃がついていますので、矢印 と反対方向に拭かないでください。手を切らないように注意して繰り返し拭いてください。また、ハサミ全体の汚れを落とすのにもお使い頂けます。
 
 
② 専用オイルをネジ部のオモテ・ウラ、触点および刃の裏に塗ってください(矢印部分)。特殊オイルですので、油膜がきれにくく、浸透性に大変優れていますの で、他のオイルに比べて永持ちしますが定期的に差して頂く方がより効果的です。また、オイルをご使用後は必ずフタをして下さい。
 
 
オイルをしっかり塗ることで開閉感が良くなり、長く使用しない時はサビ止めの効果があります。ハサミは道具、そして機械と同じようにしっかりとしたメンテナンスを心がけて下さい。
 

 トップページに戻る

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス